スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VersaPro VK23E/R のHDD換装

HDD換装で久しぶりに意表をつかれたノートだったので、記事にしてみました。
お相手は NEC VersaPro タイプVR VK23E/R

まず、ざっと裏面や側面を見る限り、今時の機種にしては珍しく、簡単にHDDにアクセスできそうにありません。(ここから既に間違っていた)
ググってみても写真があまり見あたらないので、自分で撮影しながらバラす事に。
キーボードかトップカバーを外す必要がありそうなので、まずはキーボードから。
VersaPro VR
裏面のこの2ヶ所のネジを外せば、キーボードを爪で外せます。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : カスタマイズ
ジャンル : コンピュータ

M-AUDIOのドライバ問題、ひとまず自己解決

前の記事と被りますが、まとめ用として整理します。

先日オーディオI/FをM-AUDIO「Fast Track Pro」に変更したところ、使いやすさと引き替えにドライバがバッティングする問題をかかえてしまい、数日格闘してみました。

【内容】
Windows側のコンパネ→サウンドで、再生用既定のデバイスにSONARと同じ出力端子を選択した状態でSONARを起動すると、「そのASIOサンプルレートはサポートされていません」という下記のようなエラーが表示され、SONARで音が出ない。
SONAR起動時のエラー
エラーメッセージでググると、他のDAWでも環境によっては同じ症状が出る事があるらしい。
根本的な解決方法はないようで、DAWやドライバのアップデートでも直らず、コンパネの設定を変えるくらいしかできない。

【問題】
コンパネで既定デバイスをPC内蔵オーディオに戻せば解決したように見えるが、DAWで打ち込み中にWindows Media Player等で他の曲を聴きたい時など、非常に使い勝手が悪くなってしまう。

【強引に切り抜ける】
SONARのドライバモードをASIO以外に変更する。
Fast Track ProはWDMも対応ですが私の環境では動かなかったので、まさかのMMEで正常に動くようになりました。重いプロジェクトを開いても、意外とマシンパワーゴリ押しでブツブツ切れる事なく再生できます。不本意な使い方ですが、これでひとまず打ち込みはずっと楽になります。

演奏録りなどレイテンシが気になる作業ではコンパネを直してSONARをASIOに戻せばいいし、音質はASIOの方が若干良い(らしい)ので、ミックスやマスタリングの際にもASIOに戻せばOKですね。ちょっと手間かもですが、打ち込みが楽になった事を考えれば些細な事です。

【他のDAWで検証】
私が症状を見たのはSONAR8でしたが、他のDAWだとどうなのかいくつか試してみました。
全てWindows XP Pro 32bit環境下です。
ProToolsデモ版、SSW9 Stdデモ版、SONAR6LE、SONAR7、SONAR X1デモ版
以上が試したDAWですが、全て問題なく動きました。
また、スタンドアロン対応のソフト音源も数種類やってみたところ、ほぼ大丈夫。

私の場合これはつまり、SONAR X1へアップグレードせよとのお告げなのかもしれません(笑)
でも今の企画が終わるまではバージョン変えると大変なので、とりあえず約1年はこの環境でいきます。
たぶん買う頃には、「SONAR X2」とか「SONAR X1.5」なんかになってると思いますけど。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

XENYX 1002B導入

音源が増えてケーブルの差し替えが大変になってきたので、やっとこさアナログミキサーを買いました。複数音源を同時にモニターするため、各入力レベルが確認しやすいフェーダータイプが欲しかったんです。
こういうニーズにぴったりなのはやはり、BEHRINGERの「XENYX 1002B」でしょう!

XENYX 1002B
予想以上に使いやすくて困っています(=´∇`=)

ステレオ4入力以上、フェーダータイプ、オーディオI/F無し、価格がお手頃・・・で絞り込むと、たぶんこの機種しかないと思います。オーディオI/F無しのためPA現場向きな簡易機種のようでもありますが、自分好みのI/Fを別に使えば宅録でも大活躍。

ノイズもほとんど無く、音はとてもキレイです。がっしりした作りもマル。
3バンドの簡単なEQもなかなか良いです。モニターしてる段階である程度好みの音に近づけられるので、打ち込みも楽ですし、録った後の手間も少し省けますね。これで7千円台とはコストパフォーマンス良すぎです。こんな事ならもっと早く買っておけば良かった。

ちょっと気になる所としては、右の青色LEDが眩しすぎます(笑) 写真ではLEDを紙テープで隠していますが、それでもこの明るさ。なるほど屋外なら丁度の光量かもしれません。室内なら上に何か貼って調節するといいと思います。
また、フェーダー横のノブがちょっと操作の邪魔になる感じがありますが、それはこの手頃な奥行きを実現したがため。グッジョブです。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

Fast Track Pro へ変更

アウトボードへ送るために、4outのオーディオI/Fに変更しました。
という事で、前からちょっと気になってた、M-AUDIOの「Fast Track Pro」です。

Fast Track Pro
今回、ローランド「UA-25EX」からの乗り換えとなります。

数日使ってみた感想ですが、すばらしいです。これで2万切ってるのだから大満足!
前より便利になってうれしい点は以下の通り。

 1. メイン出力とヘッドホン出力のボリュームツマミが独立している。
 2. ダイレクトモニタする際、入力音とPC側の音のバランスをツマミで変えられる。
 3. 少し音が変わった。(どちらかというと私好みの方向へ)

特に2がすばらしいです。おかげでぐっと打ち込み作業が楽になりますね。
3については、私の耳が信用できない事は自分がよく知ってるので気のせいかもしれません。きくところによると、ローランドは微妙に低音寄りで、M-AUDIOはシャキっとした音が特徴らしいです。なるほど言われてみるとそんな気がする・・・って、聞こえ方は環境や人それぞれでしょうね(*'-')

さて、良い事ばかりでもなく、実はSONARで使う場合にひとつ問題ができました。

続きを読む

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

ZOOM RFX-2000導入

念願のZOOMのマルチエフェクター「RFX-2000」を中古で買いました!
ZOOM RFX-2000

今日は整理も兼ねてラック内の組み替え作業をしていました。
お目当てのリバーブやコンプを使って少し試聴してみましたが、使いやすくて、とても音がいいです。いつものソフトウェア主体で作った2ミックスを仕上げでこれに通すとか、色々な使い方ができそう。
ほぼソフトオンリーだった私も、最近は実機を介した空気感も好きになってきたので、徐々に環境を構築しているところです。

あとは、2ミックスをRFX-2000に通すため、4outのオーディオI/Fに変更。
また、お餅やSD-50など複数の音源をシームレスに使うためにミキサーを注文しました。
これでひとまず落ち着けると思います。

今は作詞に行き詰まって作曲が少し止っているので、好きな機械いじりでさっぱりリフレッシュできればいいなあと思ったり。増える機材、増えない曲。あは

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

プロフィール

yosiyosi

Author:yosiyosi

酒とゲーム音楽好きな
「妄奏組曲」 の管理人
苦手な物はジェットコースター

妄奏組曲 トップページへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。